ペットの施術

ペットの施術
私の施術を要求したわんちゃん

この写真はニ度目の来訪時ですが、一度目は私が飼い主さんに施術を始めたら鳴いて、自分への施術を求めて、神氣と整膚を施したら、寝てしまって、そのあと起きて私に体を押し付けてきました。その後、食欲が出たそうです。しかし、ガンが全身に転移していて、医師からはあと数日だということでしたが、それを超えて生きていて、白血球が普通の8倍なのに生きていることに医師は驚いていたそうです。こういった事例は人にもありました。また、飼い主さんもマッサージに行かないで済むようになったそうです。

 

二度目の来られた時は、かなり元気がなかったですが、すぐに元気になり、また吠え始めましたが、その意味は、もういいから帰ろうと飼い主さんに言っていることがわかりました。犬や猫、ペット依頼は多いですが、遠隔数回で白血病が治った猫ちゃんといった事例もあります。