信じることは、疑うこと同様、怠惰で放漫で横柄な態度です

それは、世界の今までの歴史で、国家や宗教等々の権力者に洗脳されて、信じてきた人達の血塗られた歴史を見れば、誰でもわかるでしょう。


オウム事件も、この信じる心の弊害を見れば、根本的本質的なことを誰でもわかるのに、なぜかテレビでそれに触れようとしないことは、どうも権力側の力が働いているとしか考えられません。


霊能者やチャネラーや占い師やサイキックが、あなたの様々なことが見え、わかり、それが当たったとしていても、あなたの人生のそれはほんの一部にしかすぎないために、普通はその先生方を信じ、信奉することはないというのが正常な心の働きです。


ところが、洗脳されちまっている人は、全面的に信用しきっちゃっているために、多額のお金を取られたり、なかには身ぐるみはがされてしまったような人もいるようです。


精神世界、スピリチュアル、すべての健康法、治療などにおいても、宗教のようにその先生を信じていたために、大変悲惨な状態になった人々を私はたくさん見てきました。


占い師はろくな死に方をしないと昔から言われていますが、明らかにおかしくなっていく先生方も少なくないようです。


気・エネルギーに敏感な人達は、気・エネルギーおたくになりやすく、ヒーリング・気功信者の人達に整膚を勧めても、整膚の本質がわかることがないようです。


私が20才の時にヨガで手首の腱鞘炎と背骨の痛みを治し、超健康になれるということなので、20年やっても、生まれつきの虚弱体質で風邪引き体質は良くならないばかりか、悪化しました。


押したり、もんだり、鍼を刺したり、カイロプラクティックや整体などでも、食事療法でも、足もみでも、何々が治ったからといって続けていても、根本的本質的な健康と幸せにはなれません。


健康増進しながら、心が強く明るくやわらかく大らかになりながら、家族などの人間関係が良くならないものは、すべて偽物です。


神氣と整膚は信じるとか信じないとか一切関係なく、ご自分の体の変化を真正面から見ていくことで、確実に心が強く明るくやわらかく大らかになりながら、家族などの人間関係が良くなっていきます。


これが本当の本物の健康に幸せになれる方法です。