お高くとまっている人がダメになる時代

今、世間では、あらゆる分野での権威であったような人達が様々な事件を起こして、ダメになっていますが、あの凶悪事件を起こした宗教のグルやその弟子達もことごとくダメになりました。お高くとまっていた人達がダメになることは、何も事件を起こさなくても巷で起き始めていますが、これから特に激しくなってくるでしょう。


気功やヒーリング、整体や自然食等々で人ができないことをできたり、わからないことがわかったりするような人達は大抵、自分は普通の人よりも優れているとかといった、お高くとまっていることが多いです。


が、普通の人から見たら、そんなことでと思うのと、これから普通の人でも、な~んだ、そんなことは自分でもできる、誰でもできる、わかるといったことになってしまうでしょう。
整膚は嵐のようですと徐堅先生がおっしゃっていましたが、まさにこのことが確実に起きます。わざわざ足を運んで、交通費をかけ、高い治療代を払わなくても、自分の家にいてゴロゴロしながら、セルフ整膚で誰でも健康になれる時代が来ます。神氣はそれを後押し、応援、補助いたします。


私は30数年前にフリチョフ・カプラ氏のタオ自然学かターニングポイントの本で、上の者が下になり、下の者が上になる時代が来ると学びましたが、これから特にこういう時代になります。


有名な霊能者に何十万も払ったのに何も変わらなかったのが、うちに付き添いで来て、無料で隣に寝ていただけで激変したとか、これに似たような方々が何人もいます。


また、私の少年期にお手伝いさんで勤めていた、霊感が強く、その道を歩いてきた方が、10数年前、整体と間違えて私の所に来て、玄関で私とわかり、驚き、その後、ほかのものは一切やめ、うちに通い続けていますが、夢で私の祖父母をよく見ていたそうです。


そして、私の妹も最近、私のホームページを見るようになって、アメリカからわざわざ電話をくれますが、祖父が亡くなった後、天使200人に案内されてアメリカの妹の所に来て、帰り方がわからないで困っていたら、そのお手伝いさんが現れ、呼んでくれたらしいです。
このことを、先日うちに施術にいらしたときに、そのお手伝いさんに話しかけたら、途中で、2、3日前に、私達の祖父が夢に現れ、そのお手伝いさんの手首をつかみ、2人で黙~ってしばらく歩き続けたと言っていました。


祖父はこれでいいんだと言っていたそうです。当然、妹とお手伝いさんは連絡は取り合っていません。私も祖父母に限らず、妻の亡きお父さんをエネルギー体として2度見ました。
このようなことを信じるとかではなく、実際の現実としてあるんだということの認識が必要な世の中になりました。科学一辺倒で、物質至上主義で、金儲けばかりにいそしむ、おごり高まった、お高くとまった人類への警告が世界規模で地球規模で起きています。


私が30数年前に読んだ、堺屋太一訳のアクエリアン革命では、これからの人類はいまだかつて経験したことがないことが地球規模で起こり、それを体験することで意識の転換、向上が起こるであろうとありましたが、まさにそれが起きています。


私は今まで教室で教えてきて、ちょっとでも人を癒したり、治したりできるようになることで、得意になってお高くとまってしまう人を随分と見てきました。


そこには、もう感謝のかの字がありません。私はお世話になった気療の神沢先生や世界最高レベルの氣功の先生がいらっしゃったからこそ、今の私があり、大変感謝しているため、今でもご紹介したいです。人としての感謝があります。


ところが、たくさんの人々を紹介しても、どういうわけか、プロで開業した人ほど、この感謝がなくなります。人を癒すプロとして感謝がない人が人を癒したり、治したりしている現実も終わりになると思います。


だから、お高くとまっている人の肥大したエゴが粉砕されます。私の教室では、どういうわけか、私は何もしていないのに、少しでもこういった、お高くとまっている心のエゴが強い人ほどそれが粉砕されることが起こり、苦しくなって来られなくなります。


私は今でも氣功の仕事において、誇りやプライドはありません。というより、人を癒したり、治したりする作業自体に、例えば、父の水道工事業を手伝った時に穴を掘ったり、コンクリートをはつったりしていた時のような、作業三昧になることでの心の安らぎを自分自身に感じています。


トイレ掃除などの仕事に没頭する人と同じです。だから、いつまで経っても普通の人であり、もっと言えば、へなちょこダメゆる人間であります。


お高くとまっていた人も、ダメになることで何度も何度も打ちひしがれることで、ゆるんで、へなちょこダメゆる人間になることで初めて幸せな人生になれます。そこに本当の本物の神仏からの導きが起きます。