誰でもできるようになる無の氣功

2017年7月
2017年7月

誰でもできるようになるというと、特別なもの、特殊なものを求めていたり、特別な人間になりたいと思っている人は興味が薄れるでしょう。実際、過去、私の教室では例えば、超能力的なものを求めていたような人達は皆さん来られなくなりました。


スピリチュアル的特殊能力は生まれつきのものであって、誰でもできるようにはならないのに、誰でもできるようになると謳ってセミナーなどやっている所がありますが、私はそれはおかしいと思っていたら、私の昔からの、縁の濃いヒーラーさんに連絡したら、金儲けになってしまうので私はヒーラー養成をしないと言っていました。


そういったものは別として、こと、健康に関するものは、すべて誰でも手軽にできるようにならないものは、私は偽物だと思います。実際、氣が読めるようになって、誰でもできるようにならない健康に関するものからは、どんなに効果があっても邪気が出ていて、それが増えて溜まっていることを発見しました。


この猛暑の中、整膚学園の徐堅先生や蔡晶先生は冷房を使わないで生活しても平気だということです。整膚を根気よく毎日続けていくことで、そういった可能性があります。


無の氣功は、整膚だけですぐにそこまで健康になれない方々の補助としても存在しています。確かに、最近は暑いですが、熱中症になる方々が多すぎる気がしています。インフルエンザなんかも意外にプロのアスリート、スポーツ選手達がかかり、ときには亡くなったりしていますが、免疫力が激しい運動によって落ちていることを示しているのは、医師達が説明しています。


心臓の疲れを取る方法は、無の氣功と整膚以外にありません。私は生まれつき弱かったために、普通の人が健康になれる手段ではことごとくダメでした。で、残ったのが無の氣功と整膚だけだったんです。


無の氣功のやり方は私の教室、施術、遠隔を受けられた方々に少しずつご指導しています。途中で必ず大抵、心と体と環境に好転反応が出ます。私ほど大変な好転反応が出た人はいませんが、整膚をたくさんすることで好転反応がより出なくて済むようになります。


氣の通りが良くなるからです。整膚をすると、体だけでなく、心と人間関係、室内などの邪気が取れ、きれいになります。


普通に健康でいるような人でも、今は大抵、体の滞りがあり、心にまで影響を及ぼしています。それに気づかないでいる人が多いです。気功師、ヒーラー、セラピスト、治療家などプロの癒し手の方々にもこのことがたくさんの方々に見られます。


無の氣功の好転反応は心と体と環境の悪いもの、毒が露わになることでもあります。出ることで浄化できますが、表に出ないで内にこもって、悪いもの、毒を持ち続け、溜め続けていくことで、将来大病などの大変な事態になることが多いです。


ガンになる方々はよく風邪も引かずに元気で、バリバリ働ける方々が多いことを以前からずーっと聞いてきましたが、うちに見える方々もそういう人が多かったです。一病息災といって、普段からあっちが痛い、こっちが痛いと、ちょっとした自覚症状を持っている方々がガンに限らず、心臓や脳などの死に至る大病にかかりにくいと昔からいわれています。


無の氣功の好転反応はこれと同じです。こういった一病息災的な好転反応を何度も経験しながら段々と自分で自分を癒し、治せる氣のパワーが強く高まっていき、家族や友人知人、ペットを癒し、治し、やる気さえあれば誰でもプロになれます。


一見、表面は元気なのに、氣が弱っている状態は解剖生理学的に説明できます。プロの癒し手の先生方も含め、現代人は氣が弱ってしまっている人が多いです。皆さん、氣を強く高くパワーアップさせましょう。