なぜ氣を強くしなければいけないのか

まだ世の中では、氣を強くすることが健康と幸せには絶対に必要だという認識がないため、教室にお見えのほとんどの方々がご理解されていません。氣を強くしないと絶対に健康に幸福になれないことは、私の50年の探求の中で繰り返し確認し続けています。


例えば、若い人が良縁に恵まれて幸せな結婚をできるかどうかも、また、その後の人生の幸不幸に、この氣のパワーの状態が確実に関わっています。幸せな長寿者のすべての人は氣が強いです。長寿の条件として世間で色々いわれてきた食べ物は、決定打でないことが判明したとNHKで放送されていました。


私はプロの氣功師として氣を読むことを膨大に行ってきたために、氣の状態がわかるようになりました。氣が弱く、腹の氣がない人は、絶対にどんなことをしても健康に幸せになれません。


整膚を行う時も、氣のパワーの状態によって効果が左右されます。徐堅先生や蔡晶先生が強力な輝きを放ち、効果を上げてきたのは、整膚の技術もありますが、この氣のパワーが強くかかわっています。


健康雑誌に、脳幹を鍛えると免疫力が上がるため、不安定なクッションの上に立ってバランスを取ることで脳幹が鍛えられると、クッションが売られています。私は施術の経験上、サーファーや肉体労働者は氣が強いため、治りがいいことを何度も実体験してきました。


氣が弱い人がヒーリングやセラピーや治療を行えば、必ず邪気にすぐにやられます。氣がいくら強くても、やり方を間違えば、先生や家族に邪気が溜まり、いずれやられてしまう実例はたくさんあります。


現在の整膚の本質は、治療より指導ということです。私の教室にお見えの治療家、セラピストの方々は激減しました。整膚をお客さんに教えると、自分で治せるようになるため、お客さんが来なくなるということです。
このことは、何を示しているでしょうか。私は氣を読めるようになり、そういった治療家の方々からは、どんなに結果が出る方法をやっていたとしても、邪気が出ているのを確認しています。


矛盾があるんです。今の世の中で治療やセラピーや気功やヒーリング等々を仕事にして、生計を立てていくことは、極端な矛盾をはらんでいます。それで儲けようとすれば、その矛盾はさらに膨れ上がります。


だから、人を治す方法を教えている所からは邪気がドンドン増え、自分で治すやり方を教えている所からは邪気がドンドン減り、良い氣がドンドン増えるんです。自分で治すといっても、食べ物や道具を使ったり、ヨガやストレッチなどのような、すべての人ができるわけではないようなものからは、やはり邪気が増えていくこともあります。


人間が人間を癒し、治すといったようなことが、なぜ邪気が増え、矛盾があるかと思いますか。それは、人間が大人になった以上、肉体は自立した存在であって、自分で治す、治せる手段が誰にでも備わっているからなのです。


数年前、私の父親が大酒を飲んで尻もちをつき、圧迫骨折を起こし、寝たきりのような状態になった時、私は毎日のように施術に出かけ、一カ月半くらいで完治して、その年の正月には一人で旅行に出かけられて、その後会うたびに訊いても、調子がよいとのことです。


そして、親父は自分で治したといってはばかりません。自分の思いで治したということです。私の施術は、まあ、それもあったかもしれねえなあという程度です。実は、これは真実です。世の中の多くの人々が治してくれ、治してくれ、癒やしてくれ、癒やしてくれといった心の叫びを持ちすぎていて、それにハイハイと応えている先生方は、当然の如く、邪気に取り憑かれ、邪気が増えていくといった事実、真実があるのに、気がつこうとしていません。


運動総研の高岡先生も含めて、多くの偉人達は、このことをずーっと指摘してきたのにです。このことは、まぎれもない事実であって、どんな人も逃れることができない事実であります。


金や名誉のために、自分や家族の健康、命までないがしろにしてしまっている先生方が多いですが、この事実は、あと何年か、あるいは何十年かしないと、多くの人々が気がつかないと思います。


私の教室では、どうしたら氣を強くすることができるかの実践と解説を、特にこれからしていこうと思っています。なぜ無の氣功か、なぜ整膚か、なぜ無の氣功と整膚しかないのかということなんです。
 

体験談ブログをご参照ください。

マラソンが趣味の方の整膚体験談 千葉県・女性 2017年8月

1回の施術と教室で体重が減る 四国・男性 2017年8月

 

ユーチューブに動画を載せました。

ホーム(トップページ)からもご覧になれます。

 

下記の冊子は、今から約17年前、息子が8才位の時に学校の授業で作ったものです。