心が強く明るくやわらかく大らかになるほど幸せになれることが一番幸福

 特に、心が明るく大らかになることが一番でしょう。


 私の氣功は以前から、よりよく亡くなるための氣功でもあると思っていました。人は誰しも亡くなりますが、この死に対していかに向き合うかが大事ですが、多くの人が普段から余り考えたくないことでもあります。


 年取って、どこかが病気になって亡くなる人がほとんどです。最近とくにご両親が大変になったといって来られる方々が非常に増えています。例えば、難病などで段々弱ってきて、あとは死を待つばかりといったような親御さんを持つ方もいます。お訊きすると、痛みや熱などの苦しみはなくて、心の状態が芳しくないということでした。


 そういった方々にもぜひ龍神氣功と整膚でもって最後の状態でも幸せ感を感じられて亡くなっていけることがすべての人にとって必要です。私の妻のお父さんが悪性リンパ腫で亡くなりましたが、肉体的苦しみもほとんどなく、最後に残されたノートにはありがとうの連呼が書かれていたそうです。今朝、起きぬけに私はお父さんを思い出し、素晴らしい人だったといった感覚があふれ出ました。整膚論では最後の状態の人のための整膚があります。


 私は長い探求の中で、例えば、前日のブログに記したように、開運のために家やトイレをピカピカに掃除したり、神社仏閣巡りをしたり、霊能関係に関わったり、風水的なことをしたりしても、誰一人として本当の本物の健康と幸せになった人に会ったことがありません。


 このことは私の尺度でのことではなくて、心の表れとしての体の状態や、心の表れとしての親や子との身近な人間関係などを見ても、何年もそういったことをやっても絶対に幸せになれないことがわかりました。


 掃除は開運のためにすれば必ず心身が病むことになることも、今、報道で明らかになっていますよね。有名な金持ちの人達が本などで言っていることは、すべてその人が儲けるための方便であって、金持ちになったことが幸せになったこととは限りませんし、その人達は幸せになるために金持ちになったのではなくて、人一倍金持ちになるための欲が強かったに過ぎないことも、これからはっきりと露わになるでしょう。

 

 こういったことから、今流行りの幸せになるための方法は間違っていることがよくわかりますし、時間の経過とともに真実が露わになることでしょう。


 心が強く明るく大らかになるほど幸せになれることは、宗教など一切関係なく、全人類共通の真実です。そして、全人類共通の誰が見てもわかることは、体を持っているということです。その体に整膚をし続けることで心が強く明るくやわらかくなり続けるといった事実は人類史上始まって以来の発見です。それに、私の龍神氣功が最高の手助けをいたしましす。


 例えば、不安心配恐れなどによるストレス状態でご自分で整膚をしても効果が半減する場合があります。このことが多くの人々で起きていて、自分で整膚をしてもなかなか効果が上がりにくいことを訴えられます。この時、龍神氣功によって一気に癒された結果、安心感の元で整膚をすることで、効果が全く違うものとなります。実際の実例を私の施術の現場において、毎日体験しています。


 私は生き方を説くような、自分の価値観、考え方などをお客さんに押し付けるようなちっぽけなおじさん気功師・整体師になるようだったら、今の仕事はやめます。龍神氣功もおそらく龍神様であろうということで、断定はできません。


 もし整膚を広めるのに現実に起こった不思議世界の話をすることが障害になったら、それらは完全に封印いたします。もし余りに氣・エネルギーばかりに頼って、整膚をすることを馬鹿にしたり、ないがしろにしたりするような人が増えたら、HPや私の口から氣功という言葉をすべて抹消します。


 この方の体験談が素晴らしいので、再度リンクします。
 海外在住の方の施術とセルフ整膚の体験談 男性 2017年7月