自分を小さくして、少欲知足に気づくほど幸せになれる

というようなことを、私の教室の始めからずーっと言い続けてきたのに、これとは逆のほうに進む人々が多かったです。


 施術に通われている方々は、このことがよくおわかりの方々でした。また、今現在の教室は変わりました。


 なぜか過去の教室だけはそういう人が多くて、ご自分の今まで満たされなかったものが何かの力を得たため、偉い人になったような錯覚を起こして、言動が変わってきてしまう人々が少なからずいました。


 何かの力を得たことで自分が大きくなり、エゴが肥大してしまうようなことは、気功のプロになった人すべてに見られました。このことを指摘することで来られなくなりました。


 なかには、その方のお父さんが結果的に自分を肥大させたためにお亡くなりになったにもかかわらず、自分は金のかかる女だからとか言って、他の仕事もしながら、二足のわらじ的に仕事をしています。その方のお父さんは自分の命をかけてまで、こう いう生き方では死ぬぞと言っているにもかかわらずです。


 こういったことは、すべてのプロの癒しの仕事にも当てはまります。施術の結果を見て自画自賛、自己満足ではそうなります。


 現在お見えの良心的な治療家の方は、現代ではなぜか偽物ばかりが前に出て、目立って、本物は前に出ないですね、3.11の震災の後、あんなに繁盛していた治療家の先生方々が次々に駄目になり、廃業しているんです。熊本の震災の後にもこれが起きています。とおっしゃっていました。


 こういった現象は、これから地球規模でより一層激しくなるでしょう。人類のありとあらゆる活動において、人間の我欲で成功したかのようなすべての現象は確実に破滅していきます。


 こういったことを知ってか知らぬか、私の息子のような、いわゆる悟り世代といわれる人達は、車など自分のものを持つことが、また、そういった物自慢をすること自体にダサいと感じる感覚が発達してきているようです。


 物だけでなく、例えば、超能力や霊能力などを含めた人を治し、癒やす能力を持つこと自体に全く興味がなく、それもダサいと感じているんでしょう。


 その感覚が地球を救うと思います。あのアトランティス大陸が沈んだ原因はそういった能力の乱用だったとお聞きしました。


 10数年前、あるスピリチュアル大好き男性と私がよく通っている里山に行って、色々な目に見えない不思議存在を体験してもらった時に、私は常々自分を小さくしたいんですと言っても、ご理解いただけないようでした。その男性は何か新種のエネルギーといって、何かをしたかったようです。私が体、健康のありがたさを実感することが一番大事だと教室で言い続けても、こういった人々はわからなかったようです。


 体をゆるめるということは、エゴを小さくして、施術の時に自分のエゴが介入して邪魔をすることを防げます。日常生活も全く同じで、体がゆるむほど快適に幸せになれるということは、自分が小さくなるからです。ゆる体操にそういう歌もあるし、高岡先生は多くの人がゆるめば、ジェット機などでやたら海外旅行に行って地球を汚すことが減るともおっしゃっています。


 ある百歳以上の幸せな高齢者は、四畳半か六畳の部屋に一日中いても、自分の体の軸が1センチ動くだけでも、楽しくて幸せだとおっしゃっていました。


 愛しています、ありがとうとかいった言葉をつぶやくことでクリーニングできると言っているメソッドの日本の代表の人が、以前のアメリカ大統領の言動を自分がそれで変えることで事態を良くできたと言っていましたが、それらの本からは邪気が出ているのをできるだけ多くの人がわかるようになってほしいんです。


 スピリチュアル精神世界の中には、そういった自分を大きくして、エゴを肥大させて、人に影響を与え、人を支配管理して、自分のエゴを満足させて、また肥大させるといったような多量の邪気を出している方々がいますので、皆さん、そのことがわかるようになってほしいんです。


 それで、たくさんのお金を稼ごうとしている先生もいます。美容や健康分野のすべての先生の中にもそういったような仕事されている方々が多いのが現代社会で、若い女性が芸能人になりたがっている現象とダブるような気がしています。


 結果、行く末は大変つらい目に遭います。タイガーウッズの現在の収入は年48億円と聞きましたが、それに投資している企業がその50分の一くらいに減らして、その分、地球を救う方になぜ投資できないんでしょうか。


 昨日、祇園の世界をNHKでやっていました。選ばれた金持ちしか遊べない世界であるらしいですが、そういった企業の人達に、私は同じ製品を作るなら、なぜもっと地球のことを考えてできないんだと言いたいんです。


 そういった一般的に偉いと言われている人達を、私は、どうしても偉いとはこれっぽっちも考えられません。化学物質のなかった昔においては、様々な決断力、人に影響を与える能力が高いことが偉人と言われたのも納得がいきますが、今現在はどんなにすごいことをしようが、どんなに能力があっても、地球のことを考え、行動できない人はその能力や影響力がある分、意識が低く、最低の人間だと思ってしまいます。


 身体がゆるみ、軸センターが強化され、その他の身体意識といわれる、例えば、上中下丹田が発達するほど、その証拠として、地球のことを考え、行動できる人間になれるはずです。


 このことが自分を小さくして、少欲知足に気づきを深めて、幸せになれることで、権力者や宗教の親方やグループのリーダー等々のいわゆる、力を持ったといわれる人々に影響されなくなるということでもあります。


 そして、身近な自然などに、現実のものとして実際に存在する龍神様に気づき、そのご縁を深めるほど、心と体が癒され、救われ、さらに本当の自分自身に気づき、それを成長させながら、世のため、人のため、自分のために生きられるように、どんどんどんどんなっていけるのが現代の特徴になってきました。


 もっともっと多くの人々が邪気がわかるようになることで、偽物を見抜く本物の人間になって頂きたいです。日常の小さな小さな幸せに気づくほど、それを深めるほど、幸せになれます。さー、皆さん、実行しましょう。実践しましょう。

 

 下記ブログをご参照ください。

 サポーター人生に磨きをかけて

 2017年5月31日 太東でも波を待っているときに龍の目を見る