龍神様とのご縁を深くして、さらにパワーアップしました

 2015年3月11日未明の夢に突然現れた龍神様は、うろこが深緑色で、ぴかぴか光っていたので、後で青龍だとわかりました。夢のなかで記念撮影のため、隣にいた私を見下げて、「おれはまだちっちぇかんよ~」と、私の故郷の大原弁で話しかけてきました。それを聞いたら、私の癒されていない心のどこかが癒されて、嗚咽して起きてしまいました。
 

 しかし、意味が分かりませんでした。それまで龍神のことなど考えたこともないし、この家を建てるのにも地鎮祭もしていないし、初詣なんかも、もう何年も行っていません。


 以前かなり親しくなった知り合いのヒーラーさんに神社などへ色々連れていかれましたが、私は興味がなかったので作法なども忘れてしまっていました。そのくらい神社仏閣を含めた目に見えない世界の精神世界スピリチャル等々には興味があっても、半ば否定したい気持ちも強かったです。


 しかし、10年位前から人が見えないものが見えるようになったり、龍神雲などはそれこそ無数に目撃してきました。写真を撮れば、何かの光やオーブなどがしょっちゅう撮れます。


 山に行けば何かの目に見えない存在がいるのをもうそれこそたくさん感じ取り、見えることもよくあります。施術や教室で毎日たくさんのものを見ています。風呂に入っていても何か飛び交うのが見えたりしていますが、良い氣か悪い氣かは手で瞬時に判断できるようになりました。


 遠隔していればたくさんの飛び交うものを目撃していて、ホームページにも大宝珠と書きましたが、そのような形の透明で、上のほうに光の粒があるもので、70センチ位の大きさのものが突然現れ、移動して家の隅に鎮座して氣の柱となったのが2014年の1月22日頃の話です。


 そして、家には二本の氣の柱が天から降りてきていますが、これがどうも龍神らしいのです。龍神は氣が良い所で休まれるんだそうです。龍神にとっての時間のスパンは人間とは比べものにならないそうです。だから、人間が百年といっても、龍神にとっては一瞬のことであるということらしいです。


 そして、私のような仕事、気功やヒーリングなどの先生で、龍神がつくことは稀で、龍神がつかないことで短命になり、龍神がつくことで長生きできるとわかりました。


 そして、前回のブログに書いた本屋で見つけた雑誌は「龍とつながる昇運CDブック」(マキノ出版ムック840円)ですが、このCDをかけながら施術をすることで、たくさんの龍が寄ってきているのを感じます。


 長年通われている常連の方のほとんどが私が急激にパワーアップしたのを感じられました。施術のはじめに何も説明せず、終わった後の体感で皆さん話されました。なかには駅から歩いてくる途中、なんでこんなに変わったのと感じられた方がいました。私は夜寝ている時にはものすごいエネルギーが私に入ってくるのをしょっちゅう感じています。


 ちなみに、このCDをかけ始めた日は大雨が降りましたが、雨も龍を呼ぶとのことです。このブログを書いている時も雷が鳴りました。雷も龍神様を呼ぶそうです。


 社会での成功者や優秀なスポーツ選手にはすべてに龍神がついているそうです。龍神も色々な種類があるそうです。龍神はこの世で最強のエネルギーだそうです。人間の願いを何でもかなえてくれるそうです。人間が好きで、人間に気づいてほしいと願っているそうです。


 龍神がいることに気づいてエネルギーを感じて癒され、感謝して、いつも龍神を思っていることで、龍神とのご縁が深まると思います。


 私の夢に現れた龍神の口調が私の故郷の大原弁でした。ゴールデンウィークに実家に行き、去年、親父がかなりお金をかけて増築しましたが、すごい氣が、エネルギーが家全体から感じられ、パワーアップしているのを感じていました。


 今回、神棚をチェックしたら、神棚の真ん中から特に強い氣が出ていたので、よく見たら、大原八幡神社のお札がありました。そして、私の実家の仕事に長年勤めていた人が脳梗塞で倒れたので、何回か遠隔しましたら、やはりいまだに勤めている奥さんから電話が入り、医者がびっくりするくらいの回復で、退院できたとのことです。


 私の親父が見舞いに行ったら、もう病院から出れないだろうと感じたそうです。その奥さんから電話があった前の晩に、私はやはり故郷の夢をみて、涙を流していました。


 おそらく龍神様が働いてくれたと思われます。っていうか、私の遠隔、施術、私の氣功そのものが、もうすでに龍神様の氣功であったと強く感じ始めました。何かの存在が私を子供の頃から守っていて、私の氣功も何かの存在がやってくれているんだと思っていたのが、龍神様だとわかりました。


 私は子供の頃から山に入っていくと、何かが、目に見えない何かがいて、癒やされているのを感じていましたが、おそらく龍か龍神様だったのでしょう。龍や龍神と聞くと、怖く感じる人もいるかもしれません。しかし、人間を癒し、願いをかなえてくれて、幸福にしてくれます。


 私が研究している中で、幸福な健康長寿者には何か高いエネルギーが必ずついているのを感じていましたが、それが龍神様だとわかりました。ちなみに、夢で見た龍神様ははじめ3匹飛んでいて、そのうちの1匹が降りてきました。超リアルな夢でした。


 私のような夢を見ている方々もいるようです。私が施術や遠隔をすれば必ず龍神様が働いてくれます。そして、私とご縁があったすべての人々もその人がその気になれば、確実に龍神様とのご縁を太くして、健康に幸福にどんどんなっていけます。


 龍神様が好む人間の心と嫌う心があるそうです。私が以前からブログで書いてきたことと一致しました。龍神様のことを書いた本もいくつか出回っていますが、なかには邪気が出ている本がありました。もしご興味があって本が読みたい人はご連絡下さい。


 私達が氣の仕事を始めた山の上に住んでいた時も、夜寝ていたとき何かが私に入ってくるのを感じて、お金がほとんどなかったですが、安心感をそれで得られていました。今回、バリバリサーファーのじゅんちゃんがホットドッグ屋さんをそこに住んでやり始めました。近くに神社があって、大木も何本もあるので3人でお参りに行ったら、龍神様に出会えました。


 そして、その後、私と妻で私の実家がある大原八幡神社にお参りに行ったら、上空に龍神様が飛んでいるのを目撃しました。龍神様のことを色々書いている本やセミナー等々が幾つかあります。その中には大したエネルギーを感じなくて、ただ何々といわれているとか、されているといったような知識でそういった仕事をされている先生がいます。私としてはそれは本物とはいえません。


 私の家に現実のものとして存在しているエネルギーを感じる方々は9割以上いらっしゃいます。そして、ほとんどの方々が癒され、この場所は良いところだとおっしゃられて、私の施術でほとんどの方々が何らかの健康回復効果を感じられます。そして、私も妻も年齢とともに健康増進しながら幸せ感が高まってきていることを実感できます。


 これからの時代は龍神様の時代だそうです。そして、この龍神様のエネルギーでより健康により幸せになる方がどんどん増えていき、龍神様もさらにパワーアップすることで地球も救われ、よみがえるということです。


 私が夢を見たのは3月11日で、震災のあった日と同じ日で、震災の日もたくさんの龍神様が多くの人々を救ったそうです。ぜひできるだけ多くの人々に実際に具体的に龍神様の氣を実体験していただき、健康に幸福になって頂きたいです。


 以前から松本氣功の氣は人知を超えた大自然の氣であると言ってきました。龍神様は大自然霊だということです。私は以前は神社仏閣も含めた多くの目に見えない世界、精神世界スピリチュアルは、人間の思いがつくりだした人為的な人工の気がほとんどであると感じてきましたが、実際、そういったものも多いのは事実です。


 しかし、人間がつくりだしたものでない、大自然の氣の存在もたくさん実在していることを実体験として確認しています。いよいよ龍神様の時代が始まったそうです。龍神様は人間が好きで、助けたくてしょうがないそうです。ぜひ皆さんも龍神様に愛される心となって頂き、自分の力ですべてするのではなくて、龍神様のような最強パワーの力を借りて健康に幸福にどんどんなって頂きたいです。私もこれからさらに勉強しながら、実践努力して、さらにパワーアップしていきます。


下の写真をご覧ください。
木の枝が龍神様そのものに形づくられています。わかる人は手をかざしてみて下さい。
大原八幡神社です。わかる人は手をかざしてみて下さい。