心がきれいになる健康法、こころがきれいになる施術

 心がきれいになるということは、心が強く明るくやわらかく、大らかになりながら、少欲知足に近づいていくことです。


 心がきれいになるといっている癒しや健康法、治療法、美容法等々はほとんどないです。美容法なども見かけの外見ばかりに目が行って、内面といってもあくまでも自分を大きくすることばかりを謳っています。
 

 心がきれいになるということは、心が純朴、純粋、素朴になり、身の丈をわかりながら、自分のやりたいこと、好きなことをやり通していく集中力がつくということです。
 私は体験上、賢明な女性達は、男性がこういった心の状態であるか否かをすぐさま察知してしまうといった能力があることがわかりました。


 裏表のない心、真っ直ぐな心が大切です。感謝しますといっても、心がなく、上辺だけだったり、何か計算して言っている場合も多々ありますよね。嘘も方便といって、時には人間関係が円滑になるための嘘は必要な時もあるでしょう。


 しかし、生き方そのものが嘘偽りに満ちたものであったら、当然、人生は破滅しますよね。自分の名前、居所を明かさず、例えば、ネットの2チャンネルなどで誹謗中傷を言っている人達は、普通の人から見れば、醜さの極みであるといえます。卑怯そのものであることは誰でもわかりますが、皆さん、普通はそういった人達を相手にしません。


 虚偽を虚偽と見ずに、すべてを愛するとか、すべてに感謝しますなんていった精神論に洗脳されていることで、大きな間違いを犯します。安倍首相の奥さん、昭惠夫人からは良いエネルギーが出ていますが、邪気を見抜くことができずに、何とか学園問題を複雑にしていますよね。普通に考えたら、絶対に関わりたくないような人達にちやほやされて、ハイハイとしゃしゃり出てしまった結果です。


 こういった事例は癒しの仕事にも共通していて、特に、お客さんが少ない先生ほど誰でもかれでもお客さんになってくれればいいと、そういうスタンスで仕事した結果、先生や家族が邪気まみれになってしまっています。


 人が人を癒し、治すといったような仕事では、心が汚れる方に先生が向かってしまう場合が多々あります。精神世界スピリチュアル系の人達の多くがすべてを愛せといったような教えに洗脳されていて、ちょうどなんかの映画にあったように、UFO信者が攻撃してきたUFOに喜んで出迎えていたら、みんな殺されてしまったといった場面を思いだします。


 虚偽を虚偽と見る、邪気を邪気と見破る必要があります。悪いエネルギーが良いエネルギーのふりをして癒しや治しや善行を行って、人をたぶらかそうとしているケースがたくさんあります。


 金儲け主義もそうですが、そうでなくても、癒しの先生が自分が目立ちたいとか、人より上に立って優位になり、人に影響を与えたい、たくさんの人から注目され、賞賛されるようなカリスマになりたいとかといったようなことをすべては自己中心的な自分本位の考えであって、人様のために働く、自分の所に来れば楽になりますよ~とか、人を照らす存在になりたいとかいっても、すべて嘘になります。こういったことを見破っていく必要が心をきれいにする段階で起きます。


 自分自身の心がきれいになるほど、自分やまわりの汚い汚れた面が浮き彫りとなり、はっきりとわかるようになります。私の施術や遠隔、教室を受け続けることで必ずそうなっていきます。


 で、途中で心が苦しくなり、あるいは無意識にでも足が遠のく人々がいますが、やはり体は正直で、年齢とともにどんな人も老化、劣化していき、いずれ悲鳴を上げます。そうなる前に、どんな人も、いくらかでも自分で自分を良くする方法を知っているほど心強いものはありません。


 松本氣功と整膚は、特に整膚論になった整膚は、心と体をきれいにしながら、健康回復増進できます。本当の本物の幸せはこの、より心をきれいにし続けることなしには絶対に実現できません。


 すぐに病気や症状が治らなくても、心がきれいにならないと駄目なんです。逆に、痛みやコリ、しびれ等々の体の症状が、あるいは心の症状まで治っても、実は心がきれいになっていない治療、癒しがたくさんあるんです。今一番必要なことは、できるだけ多くの人々の心がきれいになることだと思います。


 体験談ブログをご参照ください。
 グループ遠隔体験談 千葉県・女性 2017年5月
 初めてグループ遠隔を受けた方からのご質問 50代男性 2017年5月
 ある医師の方の体験談 50代男性 2017年5月


 写真は、サーフィン界の第一人者がつくった椅子のオブジェで、バリバリサーファーでホットドッグ屋さんのじゅんちゃんから譲り受けました。パワーが出ています。